Hobbyライフ

多趣味すぎて困ってる男の雑記ブログです。巷で話題になったことを調べて紹介してます。

音楽

初心者が簡単に楽器を演奏したいならウクレレがおすすめ!

投稿日:

ウクレレとは

ウクレレはギターのようなフレットの施された小型の弦楽器です。楽器の上で躍動感のある動きを見せることから、ハワイ語で「飛び跳ねる」という意味をもちます。ソプラノ(スタンダード)・コンサート(アルト)・テナー・バリトンという、4つのサイズがあるのが特徴です。

ウクレレは弦楽器の入門用として最適

ウクレレは他の弦楽器と比べて、演奏が難しくありません。シンプルなつくりになっているため、難しい技術がいりません。音楽が好きな方はギターなどの弦楽器にあこがれる方が少なくありませんが、ウクレレはその入門用として最適です。

歌の伴奏くらいならウクレレの方が断然お得です。早く上達できるので楽器初心者に合っています。対応できる曲長は少ないといっても、有名な音楽を単音で演奏できる人は結構かっこいいですよ。

ウクレレはどこでも弾ける

ウクレレはサイズが小さいので、どこでも弾くことができます。車はもちろんリュックさっきにも入るので、ギターのように改めてケースを買う必要もありません。本場のハワイアンのように近くの海場にいって、夏のメロディーを奏でながら一杯やるのもよいでしょう。

ウクレレの選び方

ウクレレが欲しいけど、何を選んでよいか分からないという方は多いです。ここでは種類別ウクレレの選び方を紹介します。

ソプラノ(スタンダード)

ソプラノは最もポピュラーなウクレレのタイプです。可愛らしい単音が特徴で、ハワイアン音楽の伴奏などに使われます。軽快な音が出るので、どのような音楽にも合わせることができます。

コンサート(アルト)

コンサートはソプラノタイプより一回り大きくしたウクレレです。ボディサイズが大きくなったことで、サウンドにも深みがあります。メロディを重視するソロプレイヤーなどに利用されています。

テナー

コンサートタイプよりさらに大きくしたのがテナー型のウクレレです。大きなボディサイズになったことで、音の奥行きに深みが増しています。表現力豊かなサウンドをつくれることから、ハワイアンのプロがよく使っているモデルです。

バリトン

最も大きいサイズのウクレレがバリトンです。巨大なボディを生かした重低音サウンドが特徴で、アンサンブルの低音部に利用されます。ここまでくると小さなギターといった方があってますので、趣味レベルではまず使いません。

ウクレレ初心者は入門用セットがおすすめ

ウクレレ初心者の方は、最初に何をすればよいか分からないと思います。そのようなときは、無理をせず入門用セットを購入するのがおすすめです。入門用セットなら、チューナー・教則本・ケース・ピックなどが付属しているため、届いた瞬間に練習を始めることができます。

初心者の時はウクレレを弾くことが重要になるので、すべてがそろっている入門用がおすすめです。入門用を手にしておしゃれな引き語りでもしちゃいましょう!!

 

ウクレレ初心者(ビギナー)におすすめセット

Verkstar ウクレレ Ukulele ソプラノ 初心者セット

とにかく費用を抑えたい!!気軽にウクレレを始めたい方におすすめ

ARIA/アリア AU-1 ソプラノ・ウクレレウクレレ
ただ、いきなりウクレレの教室に通うのはハードルが高いでしょう。
そこでおすすめなのがオンラインで受けられるウクレレ講座です。
ちょうど国内のウクレレ奏者として有名な津村泰彦さんの講座がありましたので、資金に余裕のある方は試してみるのもよいでしょう。

-音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした